制作豆知識

スポンサーリンク
イラストレーター

【Illustrator】編集できる!応用できる!やわらかオブジェクトの作り方

今回は、ちょっとこなれた(?)やわらかオブジェクトの作り方をご紹介します。 吹き出しやフレームとしても使えるので、ありきたりなオブジェクトに飽きた方、こなれ感を出したい方は見てみてください。
2022.09.20
イラストレーター

【Illustrator】[Ctrl+V]だけじゃない!コピペのいろんな種類

今回はIllustratorで使用するオブジェクトのコピペ方法について紹介します。 有名なのは[Ctrl+C]+[Ctrl+V]ですが、Illustratorには複数バリエーションがあるので作業ごとに使い分けることで作業時間が短縮できます。
2022.09.20
イラストレーター

【Illustrator】超簡単!ラインアートのグラデーション文字の作り方

今回は上のようなラインアートのグラデーション文字をブレンドツールで簡単に作ります。とても簡単で、パッと華やかになるのでおすすめです。イラストレーターでテキストを打ちます。今回は「learning curve」という筆記体フォントを使用しました。お好きなものでいいと思います。
2022.09.20
フォトショップ

【Photoshop】笑顔に加工!ニューラルフィルターで写真の表情を変えてみよう

チラシ制作で人物写真を支給されて「人物の表情を変えて欲しい」と要望があったら大変な作業だと思います。まずPhotoshopで人物写真を開きます。「フィルター」→「ニューラルフィルター」と進みます。「ニューラルフィルター」パネルが開きます。今回はこの中から「スマートポートレート」をダウンロードして使用します。
2022.09.27
イラストレーター

【illustlator】バージョンダウン時に注意! リンク画像が低解像度に!?

Illustratorがパッケージ版からサブスクリプションになって数年が経ち、アップデートも簡単にできるようになり、最新のIllustratorのバージョンで快適に作業できるようになりました。ただ、入稿先やクライアントの要望によっては「バージョンダウンして送ってほしい」と言われることも少なくないのではないでしょうか。
2022.09.20
イラストレーター

【illustlator】エリア内テキストをアウトラインした際にテキストボックス型のカラーが出てしまう事例

llustratorの制作物を入稿データにする場合、テキスト全てにアウトラインをかけて入稿する。多くのデザイナーさんの中で常識の作業だと思います。その際にアウトラインをかけたボックス内にカラーが出現してしまい、再入稿というトラブルが発生しました。ではなぜそのようなことになったのか図解をもとに説明します。
2022.09.20
制作豆知識

外国人向けに伝わる英語パンフレット作成のポイント

近年の訪日外国人の増加にともない、翻訳の相談を含めたパンフレットの制作案件のご相談をいただくケースがあります。訪日外国人の数は、今後も増え続けていくことでしょう。この機会は外国人向けにお店をアピールする絶好のチャンスと言えます。国内だけでなく海外のお客様に、英語のパンフレットを作って新たな需要を掘り起こしてみませんか?
2022.09.20
制作豆知識

【制作事例】加工でインパクトを持たせたチラシ、5つの事例

いつもと少し違う折り方をすることで、チラシのマンネリ化を打開した5つの事例をご紹介します。この物件がスーパーが徒歩1分とほぼ目の前にある立地だったため、その特徴が伝わるように冷蔵庫を模した形状にして、スーパーが冷蔵庫の代わりになりそうなくらい近いことを表現。上段と下段に切れ目を入れてそれぞれ開くと見える遊びもあります。
2022.09.20
制作豆知識

制作現場で迷わない、チラシレイアウトの決め方!

チラシや紙面を作る際、レイアウトから決めていく人が多いのではないでしょうか。入れたい情報やデザインは決まっても「どこにどの情報を入れよう?」「配置はどうしよう」と迷わないようにレイアウトについて考察しました。次のレイアウトを見てみてください。新商品を紹介するチラシです。どんな要素が入っているのか、見ていきましょう。
2022.09.27
フォトショップ

印刷データをつくるなら押さえておきたい、画像解像度について

写真や画像の解像度は、デザイナーとしては必ず知っておかなければいけないことの一つです。せっかくの上手くデザインされたチラシでも画質の悪い写真が入っていると残念な気持ちになります。そうならないためにも、解像度はどれほど必要なのか、そしてなぜその解像度が必要とされているのかをまとめました。
2022.09.20
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました